有害動物最終処理装置

  • HOME
  • 有害動物最終処理装置

有害動物最終処理装置の仕様

2,000ℓ 4,000ℓ
装置外形 W(mm) 3,850 5,000
D(mm) 1,600 1,750
H(mm) 1,700 1,800
処理槽 W(mm) 2,100 3,000
D(mm) 1,200 1,350
H(mm) 1,400 1,450
モータ 容量 5.5Kw 7.5Kw
三相電源 200V 200V
ヒータ標準仕様(W) 7,123 10,098
排気ファン容量(W) 460 760
熱風発生装置(W) 5,000 10,000
熱風送風機容量(W) 750 1,500
ブレーカ容量標準 100A 150A
一日の処理容量
(目安)
80kg 160kg
使用例 生ごみ/有害動物/etc…

装置別処理量の目安

シカ、イノシシなどの体は、筋肉、脂肪、内臓および内臓に含まれる残渣を合計すると、高濃度のタンパク質などで構成されてます。
処理効率を上げるために発酵槽の温度を上げて、コントロールした場合に処理数量が算出されました。
この数値を他の処理施設の処理装置に試験して処理状況を観察したところ、同じような結果を得ることができました。
シカ、イノシシを適正に処理できる量(毎日投入しても増量しない量)が分かり、毎日処理物を投入しても増加しない量は処理装置サイズに0.04をかけた量が毎日処理できる量の最大量が算出できました。

0.04の数値は処理量に対して装置のサイズを選定するための基準になります。
捕獲した有害動物をそのままのかたちで処理した場合です。適正量で利用した場合残差物の取り出しなどをおこなわずに継続的な使用が可能となります。

シカ、イノシシを毎日処理できる量

機種 適正量 最大量
2,000L 60kg 80kg
4,000L 120kg 160kg

装置各部の名称

処理装置全体の配置名称

処理装置全体の配置名称

制御部機能の配置名称

制御部機能の配置名称

代理店の問い合わせ先

担当地域 連絡先
有限会社
サンキ通商
北海道、近畿、
九州
0798-65-2810
Sola.farm
株式会社
東北、
関東甲信越
0270-75-5842
株式会社
いよな
中部 0569-43-7171
株式会社
BOD商会
中国 0868-28-1438
株式会社
芝原
四国 090-4970-1231
         

CONTACTお問い合わせ

ご不明な点がございましたら、
有限会社芹澤微生物研究所まで
お気軽にお問い合わせください。

有限会社芹澤微生物研究所

TEL 0547-59-3304

FAX 0547-59-2339

お問い合わせフォーム